数十年前までは、全く考えられなかったメンズエステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)。今ではお店の数も増え、脱毛や痩身目的でエステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)に通う男性も増えてきたとされています。今じゃ、エステティックサロンは女性だけの物では無くてなっているものです。そのなかでもダンディハウスは、日本で最初の段階では始めたメンズ専用エステティックサロンです。ダンディハウスはミス・パリのメンズ版です。口コミ(良い評判を流してもらえるように、あえて戦略を練る店も多いようです)や評判も良いようで、出費は痛いけど、満足したといった人が多いです。どこも手頃なお値段でお試しコースが設定されていますが、このダンディハウスは、お試しコースが5250円と他社と比較すれねやや高く設定されています。でも、エステティシャン(長時間労働の割にお給料が少なく、肉体的にもきついそうです)の99%が有資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)者で技術的にも安心感があると言われていますし、男性の悩みに合わせて慎重に相談にのってくれるのも人気要因の一つでしょう。また、ムリな勧誘もなく、体験後、しつこく入会を迫られないと言うのも嬉しいと思います。脱毛に関しては、美容電気脱毛を採用しており、レーザー脱毛(人によって感じ方は違いますが、多少の痛みはあるでしょう)や光脱毛とは違って、ムダ毛1本1本へのアプローチが高くしっかり脱毛されます。ワンコインでひげの脱毛が可能でるコースもありますし、人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)店を体験してみようと軽い気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)で足を運んだ男性も多いものです。しかし、その脱毛の効果に度肝を抜かれて、さっぱり感に虜になってしまう方も多いです。痩身の方も1回の体験でも、お腹が引き締まる感じが分かるために人気があります。入会者の中には、三箇月でマイナス8キロに成功された方もいるみたいですね。優しさの中に厳しさもあり、担当の方のアドバイスがよかったとエステティシャン(特に資格は必要ないようですが、きちんとしたエステサロンではそれなりの資格を取得させていることが多いです)に満足して帰る人が多いはずです。ここまで評判がいいと、一度体験してみたくなりますねー